敬語

敬語

就職活動にあたって、必ず身に付けなければならないものが”常識をわきまえた言葉づかい=敬語の正しい使い方”です。 敬語が自由に使えれば、それが自然に自己PRにつながります。 完璧な社会人言葉ではなく、学生らしい好感のもてる、さわやかで節度ある言葉で話しましょう。まずは、敬語の 使い方のポイントをしっかりつかんでおきましょう。

よく使う謙譲語

謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現し、相手へ敬意を示す敬語です。自分の動作を表現するときには、動詞を謙譲語にするのが正しい言葉遣いです。 面接で、自分の動作を表現するときは、謙譲語を使うので、非常に使う機会の多い敬語です。 以下は面接でよく使う謙譲語のパターンです。必ず押さえておきましょう。

会う→お目にかかる

誤: 御社のOBに会いました
正: 御社のOBにお目にかかりました

言う→申し上げる

誤: 先ほど言ったように
正: 先ほど申し上げましたように

もらう→いただく

誤: 貴重な面接の時間をもらい、ありがとうございます。
正: 貴重な面接の時間をいただき、ありがとうございます。

行く→参る

誤: △時に貴社のビル1Fへ行きます
正: △時に貴社のビル1Fへ参ります

知る→存じ上げる

誤: 知りません
正: 存じ上げません

見る→拝見する

誤: 資料は既に見ました
正: 資料は既に拝見しました

わかる→かしこまる

誤: はい、わかりました
正: はい、かしこまりました

よく使う尊敬語

面接官の動作を表現する際には、「尊敬語」を使います。
尊敬語とは「相手の動作を表現する際に使い、相手に敬意を払う言葉」でしたね。以下はよく使う尊敬語です。

教える→ご指導

誤: 〜について教えて下さい
正: 〜についてご指導下さい

思う→お考えになる

誤: 私の留年は自己管理不足だと思うのは、ごもっともです。
正: 私の留年は自己管理不足だとお考えるになるのは、ごもっともです。

言う→おっしゃる

誤: ◯◯様の言うように、
正: ◯◯様がおっしゃるように

する→なさる

誤: ◯◯様は学生時代にどんなことをしていたのですか?
正: ◯◯様は学生時代にどんなことをなさっていたのですか?

見る→ご覧になる

誤: エントリーシートを見てください
正: エントリーシートをご覧ください

要注意!学生が面接で使いがちな間違った敬語

学生が丁寧に話しているつもりで間違った敬語を使っている時があります。注意してください。 以下では、よく見る間違い敬語のリストを紹介します。自分が間違って使っている言葉がないか注意してください。

後で→後(のち)ほど

誤: 後で連絡いたします
正: 後ほど連絡いたします

ちょっと→少々

誤: ちょっとお待ちください
正: 少々お待ちください

すみませんが→恐れ入りますが

誤: お電話が遠いようです。すみませんが、もう一度お願いします。
正: お電話が遠いようです。恐れ入りますが、もう一度お願いします。

大丈夫です→問題はございません

誤: 「はい、面接は◯◯日の◯時からで、大丈夫です」
正: 「はい、面接は◯◯日の◯時からで、問題はございません」

おっしゃられる→おっしゃる

誤: 部長のおっしゃられることに大変共感いたしました
正: 部長のおっしゃることに大変共感いたしました

「おっしゃる」も敬語で「〜られる」も敬語です。二つを重ねると「二重敬語」になってしまいます。 二重敬語は天皇に使うような最大級の敬意表現で、一般の相手に使うものではありません。

お伺いする→伺う

誤: では、◯時に貴社ビル1Fにお伺いします
正: では、◯時に貴社ビル1Fに伺います

同じく二重敬語で、一般の相手に使うものではありません。
「伺う」が謙譲語で敬語として成立しているので、「お〜」をつける必要はないのです。

マナーカテゴリの最新記事